ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

知恩院 3 (法然上人二十五霊場 御詠歌)

e0342766_12391152.jpg
 知恩院 (華頂山知恩教院大谷寺)  浄土宗総本山
 山号:華頂山  本尊:阿弥陀如来、法然上人像
 創建:承安5年(1175年)  開基:法然
 札所:法然上人二十五霊場 第25番
 所在地:京都府京都市東山区林下町400
 知恩院HP: http://www.chion-in.or.jp/index.php
e0342766_12341074.jpg 御朱印が書き上がるまで飴でもどうぞ、といただいた宣伝用らしき知恩院オリジナルキャンディ。ピーチ味の普通に美味しい飴ちゃんだったが、表面のでこぼこは木魚の柄だったらしい…。そのこだわりは果たして必要なのだろうか(^^;
 
 こちらは、御朱印集め10ヶ月目にして初めていただいたご詠歌。
 「草も木も 枯れたる野辺に ただひとり 松のみ残る 弥陀の本願」
 詠まれたのは観智国師(慈昌)という方だそうで、増上寺(東京都港区)の第十二世で号を貞蓮社現誉存応といい、徳川家康の帰依を受け、知恩院の興隆と近世浄土宗発展の基礎を築いた高僧なのだとか。
「草木が枯れてしまった冬の野辺に、松だけが緑を誇っているように、末法の世の中で教えが廃れてしまっても、阿弥陀如来の本願の教えだけはいつまでも栄え続ける」というような意味らしい。
e0342766_12331063.jpg

 No.75 華頂山 知恩院 「草も木も枯れたる野辺にただひとり 松のみ残る弥陀の本願」 2016-02-26(Fri)
[PR]
by yan-puchi | 2016-03-06 04:46 | 京都府・寺院 | Comments(0)