ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

知恩院 4 (勢至堂)

e0342766_12392114.jpg
 知恩院 (華頂山知恩教院大谷寺)  浄土宗総本山
 山号:華頂山  本尊:阿弥陀如来、法然上人像
 創建:承安5年(1175年)  開基:法然
 札所:法然上人二十五霊場 第25番
 所在地:京都府京都市東山区林下町400
 知恩院HP: http://www.chion-in.or.jp/index.php
 平成24年から大修理中の御影堂(国宝)の東に圓光大師本廟路、いわゆる智慧の道という長い石段がある。その石段の奥にあるのが法然の遺骨を納めている御廟と、法然終焉の地である大谷禅房の旧跡・勢至堂だ。 
 勢至堂は享禄3年(1530年)に再建された、知恩院最古の建物らしい。御影堂が建てられるまではここが本堂だったそうで、法然の幼名・勢至丸ゆかりの勢至菩薩像を本尊として祀っているそうな。堂内正面に掲げられている額「知恩教院」は後奈良天皇の宸翰であり、これが知恩院という名の起源なのだとか。
 …などとさも見てきたかのように書いてみたが、本当は案内所で御朱印を書いてもらっただけで行ってはいなかったりする ( ゚д゚ ) この罰当たりめッ!すみません、次回は必ず足を運びますので。

 泰平亭(売店)で御土産と自分用の護符を購入。店を出ると保育園児だか幼稚園児だかの集団にお坊さんが話をしていた。いいなぁ、京都人は小さい頃からこんな大寺院に慣れ親しんで育つのか。何という贅沢。
 微笑ましい光景を背に、知恩院に暫しの別れを告げて次なる目的地へと歩き出したのであった。
e0342766_12335767.jpg

 No.76 華頂山 知恩院 「勢至菩薩」 2016-02-26(Fri)

[PR]
by yan-puchi | 2016-03-07 05:17 | 京都府・寺院 | Comments(0)