ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

新日吉神宮

e0342766_13330089.jpg
 新日吉神宮  旧府社
 祭神:後白河天皇、新日吉七柱(大山咋命、大己貴命 他)
 創建:永暦元年(1160年)  
 所在地:京都府京都市東山区妙法院前側町451-1
 新日吉神宮HP: http://www.imahie.com/

 智積院を出ると奥の方に何やら立派そうな神社があったので寄ってみた。新日吉神宮(いまひえじんぐう)という神社であった。よ、読めない…。
 後白河上皇が院の御所を法住寺に定めた際、皇居の守護神として比叡山東坂本の日吉大社を勧請し、永暦元年(1160年)京都・東山の麓に「新しい日吉神社(新日吉神宮)」を創建したらしい。その後社地を転々とし、現在の社地となったのは豊国廟が再興された明治30年(1897年) になってからのことだそうな。昭和33年(1958年)に後白河天皇を合祀し、翌昭和34年(1959年)天皇奉祀神社として神宮号を公許されたのだとか。
 京都の寺社の歴史には必ずといっていいほど有名人(というか、誰もが知る歴史上の人物)が絡んでいるから、訪れるだけでも感動してしまう。そこが京都の魅力なんだろうね。地方にも由緒ある寺社は数多くあるが、歴史的魅力にはどうしても欠けている。おらが町・岡山にも立派な寺社はあるけれど、その多くが報恩大師という方の創建らしい(備前48ヶ寺開基とされる)。報恩大師って誰!?
 あいにく宮司さんが不在だったので、書置きの御朱印に日付を書き入れていただいた。
e0342766_13324350.jpg
e0342766_04245207.jpg

 No.86 新日吉神宮 「新日吉神宮」 2016-02-26(Fri)

[PR]
by yan-puchi | 2016-03-27 04:31 | 京都府・神社 | Comments(0)