ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

豊国神社

e0342766_19445600.jpg
 豊国神社  別格官幣社、別表神社
 祭神:豊臣秀吉
 創建:慶長4年(1599年)  
 所在地:京都府京都市東山区大和大路正面茶屋町530 
 京都の街をふらふら歩いていると何やら塀があったので、塀に沿って進んでみると、修学旅行生と思しき男の子達が大きな鐘に群がっていた。多少気になったものの、男子生徒達はそこから離れる気配がなかったので、横目でちらりと見遣って隣にある神社へ向かった。
 後で知ったのだがこのお寺は方広寺といい、男子生徒達が群がっていた鐘は方広寺鐘銘事件で有名な、あの梵鐘であった。豊臣家が再建していた大仏殿の梵鐘の銘文が徳川家康の家と康を分断して豊臣を君主とし(「国家安康」「君臣豊楽」の句)、家康及び徳川家を冒瀆するものだとかで大坂の陣による豊臣家滅亡を招いたとされる梵鐘だ。嗚呼、男の子達に混ざってじっくり見ればよかった…(T T)

 でもって隣の神社というのが、その豊臣秀吉を祀る豊国神社であった。秀吉逝去の翌年である慶長4年(1599年)、秀吉を「豊国大明神」として祀る神社として創建されたが、大坂夏の陣で豊臣家が滅亡した後は徳川幕府の命により廃祀。以後250年間放置されていたが、明治元年(1868年)に明治天皇の命により再興されたそうな。
 国宝である豪華絢爛な唐門は元々伏見城の城門だったそうで、伏見城廃城後に二条城へと移され、その後南禅寺の金地院へ、そして最後に豊国神社へと移されたのだとか。西本願寺、大徳寺の唐門と合わせて「国宝の三唐門」と呼ばれているらしい。
 さて、なかなか味のある御朱印だが、この銘は豊国神社に伝わる秀吉の関白印の銘だそうで、印は中央に関白とあり、周囲に「壽比南山・福如東海」とあるそうな。南山は唐の都・長安の南にあった終南山のことで、天の中心にある太一星の精霊が住むという霊験あらたかな山であり、東海は仙人が住むといわれる蓬莱山のある場所だということで、「寿命も福も共に仙人と同じように永く多かれ」ということなのだとか。
e0342766_13490260.jpg

 No.88 豊国神社 「壽比南山 関白 福如東海」 2016-02-26(Fri)
[PR]
by yan-puchi | 2016-03-29 22:30 | 京都府・神社 | Comments(0)