ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

六角堂(頂法寺)

e0342766_22543232.jpg
 六角堂 (頂法寺)  天台宗
 山号:紫雲山  本尊:如意輪観音
 創建:用明天皇2年(587年)  開基:聖徳太子
 札所:西国三十三所観音霊場 第18番、洛陽三十三所観音霊場 第1番 他
 所在地:京都府京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
 六角堂HP: http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/
 京都御朱印巡り旅2日目。ホテルを出てまず最初に向かった先は、京都の真ん中にあり、かの聖徳太子が創建したといわれる古刹・頂法寺。本堂が六角形であることから「六角堂」の通称で知られ、地元の方からは “六角さん” と呼ばれて親しまれているらしい。実際、朝9時頃こちらのお寺に着き、まずは山門の写真を撮ろうとガラケーを構えたものの、参拝者がなかなか途切れず苦労した記憶がある(結局、どなたかの後姿が入った写真しか撮れなかったけど)。
 本堂の裏には太子が沐浴したと伝えられる池があり、この池の畔に小野妹子を始祖と伝える僧侶の住坊があったので、「池坊」と呼ばれるようになったという。池坊の僧は頂法寺の住持として朝夕、本尊の如意輪観音に花を供えているうちに花の生け方が評判となり、いけばなが広がったのだとか。というわけでここは “いけばな発祥の地” であるらしい。池では何故か優雅に白鳥が泳いでいた。
e0342766_23032678.jpg 
 西国三十三所霊場の御朱印をいただいた際、この橙色の紙が付いていたのだが、これはどういうものなのだろうか?何か意味があるとは思うけど…。中四国・九州の百八観音霊場でいただける華紋カード(花御影)みたいなものなのかな?

e0342766_22500354.jpg
e0342766_22501352.jpg

 No.91 紫雲山 頂法寺 「六角堂」 2016-02-27(Sat)
[PR]
by yan-puchi | 2016-05-16 23:55 | 京都府・寺院 | Comments(0)