ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

廣隆寺

e0342766_19372310.jpg
 廣隆寺  真言宗系単立
 山号:蜂岡山  本尊:聖徳太子
 創建:推古天皇11年(603年)  開基:秦河勝
 札所:聖徳太子霊跡 第24番
 所在地:京都府京都市右京区太秦蜂岡町32 
 西院(さい)駅から京福電気鉄道嵐山本線(嵐電)に乗り、太秦広隆寺駅で下車してすぐにある広隆寺へ。広隆寺は京都最古の寺院だそうで、平安京遷都以前から存在したという。
 広隆寺は数年前に京都在住のブログ仲間さんの案内で一度参拝したことがあるが、その時は霊宝殿に並ぶ数々の仏像のあまりの素晴しさに息を呑んだ。最も有名なのは国宝第1号(彫刻の部)の弥勒菩薩半跏思惟像なのだけど、他にも国宝や重要文化財の仏像がズラリと並んでいる。控えた照明に、誰もが言葉を失い静まり返る館内。外界とは完全に遮断された別世界であった。
 そして今回、霊宝殿へ向かう前に御朱印をお願いした。スタンプ御朱印だ。係の方が、このお寺の仏像は歴史があるということを力説されていた。
 霊宝殿の中で特に目を引くのは、3Mを越す不空羂索観音像と、これまた3M近い2体の千手観音像。特に不空羂索観音像の荘厳で美しい様は、私の貧困なボキャブラリーではとても表現出来ない見事さ!嗚呼、いつまでも眺めていたい…。

 広隆寺は聖徳太子建立七大寺の一つだそうで、日本書紀によると秦河勝が聖徳太子から仏像(弥勒菩薩)を賜り、それを本尊として建立したのが始まりなのだとか。その後、聖徳太子信仰の寺院となり、本尊も聖徳太子像になったらしい。
e0342766_19365083.jpg
e0342766_19370176.jpg
e0342766_19371119.jpg

 No.101 蜂岡山 廣隆寺 「弥勒菩薩」 2016-02-27(Sat)

[PR]
by yan-puchi | 2016-07-08 08:39 | 京都府・寺院 | Comments(0)