ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

龍源院

e0342766_23373154.jpg
 龍源院  臨済宗大徳寺派南派  
 山号:なし  本尊:釈迦如来
 創建:文亀2年(1502年)  開基:畠山義元、大友義長、大内義興  開山:東渓宗牧
 所在地:京都府京都市北区紫野大徳寺町82-1 
 大徳寺の南門を入ってすぐ左にある塔頭寺院・黄梅院は、永禄5年(1562年)に織田信長が父・信秀の追善供養のために春林宗俶(大徳寺98世)を迎えて創建されたそうだが、残念ながら通常は非公開。院内には毛利家、織田家の墓所のほか、小早川隆景蒲生氏郷などの墓塔があるという。
e0342766_23362765.jpg
e0342766_23361024.jpg
(大徳寺・南門と黄梅院)

 黄梅院の隣に建つ龍源院は常時公開されている大徳寺の塔頭で、大徳寺南派の法源地本院とやららしく、方丈、唐門、表門は創建当時のままであり、大徳寺山内で最も古いお寺だそうな。 寺号の龍源院というのは、大徳寺の山号・龍宝山の「龍」と、臨済宗で唯一存続している松源一脈の「源」の2文字からなのだとか。 

 龍源院は、方丈を中心として南庭に蓬莱山形式の石庭・一枝坦、北庭に須弥山形式の枯山水庭園・竜吟庭、東に日本最小の壺石庭・東滴壺、開祖堂前庭・鶏足山、庫裏南軒先に阿吽の石庭・滹沱底といった庭園が見所らしい。
 滹沱底(こだてい)。阿吽(あうん)二つの石は聚楽第にあった基礎石だそうな。……。以前、かの有名な龍安寺の石庭を見たときも特に何も感じなかったのだが、果たして禅の心を会得出来る日は来るのかしらん?
とりあえず写真を撮った直後、あろうことか庭にスマホを落としてしまった (゚Д゚;) アワワワワ
せっかく綺麗に整えられている庭に…。お寺の方に拾っていただき、ひたすら詫びました。本当に申し訳ありませんでした。(白砂に残ったスマホの窪みも、ちゃんと直してくださいました。大変御手数をお掛けしました)
e0342766_23370005.jpg
e0342766_23371300.jpg
(左が滹沱底、右は東滴壺。汝が長く深淵を覗き込む時、深淵もまた等しく汝を覗き込んでいる――)
e0342766_23364519.jpg

 No.118 大徳寺塔頭 龍源院 「大圓殿」 2016-12-19(Mon)


御朱印 ブログランキングへ

[PR]
by yan-puchi | 2017-02-03 02:50 | 京都府・寺院 | Comments(0)