ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

高桐院

e0342766_02040356.jpg
 高桐院  臨済宗大徳寺派  
 山号:なし  本尊:釈迦如来
 創建:慶長6年(1601年)  開基:細川忠興  開山:玉甫紹琮
 所在地:京都府京都市北区紫野大徳寺町73-1 
 大徳寺の数ある塔頭のうち、常時拝観可能なのは龍源院、瑞峯院、大仙院、高桐院の4ヶ院らしい。未だにスマホと親しめない私は「まっぷる 超詳細!京都さんぽ地図 mini '16」という本に頼って京都の寺社を巡っているのだが、あいにくその本には瑞峯院が載っていなかったため見向きもせず、高桐院を大徳寺最後の拝観寺院とした。いや、決して昭文社(発行元)のせいではなく、ロクに下調べもせずに行き当たりばったりで向かった私が100%悪いのである。お詫びにまっぷるリンク、インストールしました。←関係なくね!? e0342766_02015904.jpg

 高桐院は細川幽斎の長男・忠興によって建立され、開祖・玉甫紹琮は幽斎の弟、つまり忠興の叔父さんであるらしい。
 細川幽斎・忠興親子は当代一流の文化人、教養人であった。幽斎は二条流の歌道伝承者・三条西実枝から古今伝授を受けており、関ヶ原の戦いの際に後陽成天皇が勅命により幽斎を助けたのも、古今伝授が途絶える事を恐れたためだといわれる。
 息子の忠興は茶人としても、利休七哲の一人に数えられるほど。忠興の嫁は名前のインパクトで誰もが知っていると思われる細川ガラシャ
ガラシャは明智光秀の娘なのだが、光秀が本能寺の変を起こした後、細川親子を味方に誘ったものの彼らはあっさり拒否。これが光秀の滅亡を決定的にしたのだとか…。
 光秀さん贔屓の私は、細川親子が如何に文武両道に秀でた素晴しい武将であろうとも、あまり好きにはなれないのであーる。

 表門を抜けると、洒落た石畳の参道が。嗚呼、なんと美しき哉。細川さんの美意識(かどうかは知らないが)は流石である。これは認めざるを得ない。庭園も実に見事であった。だが、肝心の建物については何故か全く覚えてないという…。
e0342766_02021169.jpg
e0342766_02022855.jpg
 最後の最後に立寄ったのは、豊臣秀吉織田信長の菩提のために建立したという総見院。但し通常非公開のため、写真だけ撮って大徳寺を後にした。
e0342766_02033748.jpg

 No.121 大徳寺塔頭 高桐院 「高桐院」 2016-12-19(Mon) 


御朱印ランキング
[PR]
by yan-puchi | 2017-04-11 04:54 | 京都府・寺院 | Comments(0)