ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

e0342766_15595388.jpg
 賀茂別雷神社 (上賀茂神社)  名神大社、二十二社(上七社)、官幣大社、勅祭社、別表神社  世界遺産
 祭神:賀茂別雷大神
 創建:天武天皇7年(678年)  
 所在地:京都府京都市北区上賀茂本山339
 上賀茂神社HP: http://www.kamigamojinja.jp/

 1994年に世界遺産として登録された、点在する17か所の寺社と城郭で構成される古都京都の文化財。そのうちの一つである賀茂別雷神社、通称・上賀茂神社は京都で最も古い社だそうで、手元のパンフレットによると、神代の昔に本殿の北北西にある秀峰・神山に(賀茂別雷命が)降臨し、天武天皇7年(678年)に現在の社殿の基が整えられたそうな。 
 『延喜式』では名神大社に列し、のち山城国一宮として尊崇され、二十二社(上七社)の一社であり、明治16年(1883年)に勅祭社と定められ、明治以降終戦まで官幣大社として伊勢神宮に次ぐ全国神社の筆頭に位し、現在は神社本庁の別表神社である。これらはいずれも社格(神社の格式)のことで、まぁとにかく偉い神社らしい。
 偉い神社であるからして、境内はとにかく広い。あちこちフラフラと見て回り、デカい破魔矢が目を引く建物(楼門だっけ?)を潜って御朱印をいただいていると、「国宝・本殿特別参拝とご神宝の拝観」と書かれた看板が目に入った。 
e0342766_15592456.jpg

e0342766_15593533.jpg 特別参拝を申し込み、初穂料500円を納めると、浄掛(左の写真)を渡されるので首に掛けて直会殿へ。そこで神職の方から祭神誕生神話「賀茂神話」の説明並びに御祓いをしていただき、国宝の権殿、本殿にて参拝。その後、高倉殿に展示してあるご神宝を拝観。「信長禁制」や「秀吉朱印状」等が展示されていた。
 そして最後に式年遷宮に伴う檜皮屋根葺替に奉賛を…ということで、檜の皮を奉納し、お守りをいただいた。神社のHPを見ると奉賛金の額によってランクがあるようで、どうやら私は“協賛員”という一番下のランクらしい。もうちょい奮発していれば“普通会員”になれたみたいだが、上賀茂神社に参拝するのはおそらく今回が最初で最後になるだろうから、まぁいっか。
 地元の皆様、しっかり奉賛してくださいまし(^^)
e0342766_15591395.jpg

 No.123 賀茂別雷神社 「山城国一之宮 賀茂別雷神社」 2016-12-19(Mon)


御朱印ランキング
[PR]
by yan-puchi | 2017-04-28 06:06 | 京都府・神社 | Comments(0)