ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

河合神社

e0342766_22294447.jpg
 河合神社  式内社(名神大社)
 祭神:玉依姫命
 創建:不詳  
 所在地:京都府京都市左京区下鴨泉川町59 
 下鴨神社(賀茂御祖神社)の境内にある第一摂社・河合神社にもフラリと寄ってみた。古くは鴨川合坐小社宅神社(かものかわあいにますおこそやけのかみのやしろ)といったらしい。『延喜式』(の9・10巻を延喜式神名帳といい、「官社」に指定されていた全国の神社一覧のこと)には鴨河合坐小社宅神社と掲載されており、鴨河合とは賀茂川と高野川が合流する地を表しているのだとか。

 鳥居を潜り、神門(っていうのかしらん!?)に到着すると、“女性守護 日本第一美麗神” と書かれてある。何のこっちゃ?と思ったが、どうやら祭神の玉依姫命は神武天皇の母上だそうで、日本の建国に母として貢献したことから婦道の神として、また玉の如くに美しい姿から美麗の神として信仰されているそうな。というわけで、この神社では柄鏡の形をしている顔の描かれた絵馬に、自分のメイク道具で願いを込めて化粧して奉納するらしい。47歳2児(二人ともとっくに成人)の母、残念ながら美に対して何の願いもないため、絵馬はスルー。

 “ゆく河の流れは絶ずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし…” という書き出しでお馴染みの「方丈記」の著者・鴨 長明は、この河合神社の神宮の家系に生まれたらしい。残念ながら方丈記にも然程興味がないため、方丈記を執筆した方丈の復元があったみたいだが、これまたスルー。そういえば学生時代の国語の授業って、何故か冒頭だけ覚えさせられたよね。平家物語、源氏物語、枕草子、方丈記、土佐日記、奥の細道、曽根崎心中(道行)などなど。まぁそのおかげで、こうして駄ブログに綴れているのだけれど…(^^;
e0342766_22291842.jpg
e0342766_22293271.jpg

 No.125 河合神社 「河合大明神」 2016-12-19(Mon)


御朱印ランキング
[PR]
by yan-puchi | 2017-05-03 01:23 | 京都府・神社 | Comments(0)