ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

カテゴリ:兵庫県・寺院( 4 )

e0342766_12191135.jpg
 須磨寺  真言宗須磨寺派大本山
 山号:上野山  本尊:聖観音
 創建:仁和2年(886年)  開基:聞鏡、光孝天皇(勅願)
 札所:真言宗十八本山 第2番、新西国三十三箇所 第24番、摂津国八十八箇所 第88番 他
 所在地:兵庫県神戸市須磨区須磨寺町4-6-8
 須磨寺HP: http://www.sumadera.or.jp/

 須磨寺の納経所に入って驚いたのが、御朱印を書いてくださる僧侶さんが何人も並んで座っておられることだった。5、6人はいたように思う。はっきり覚えてないけど。 
 確かにここ須磨寺は多くの霊場の札所になっているようで、Wikiさんによると
・真言宗十八本山 第2番
・新西国三十三箇所 第24番
・摂津国三十三箇所 第7番
・摂津国八十八箇所 第88番
・福原西国観音霊場 第7番
・神戸七福神 (福禄寿尊)
・神戸六地蔵 客番
とあり、2017年早春に開創されたらしい平家物語巡り(須磨寺、屋島寺、六萬寺、厳島神社、大聖院、赤間神宮)なんていうものにも入っているようだ。
 御朱印も多種類あるようだったが、前回アップした新西国霊場の御朱印と、御詠歌を書いていただいた。
 『世にひびく 青葉の笛の 名にぞきく すまのみ寺の 松風の声』
 この青葉の笛というのは平敦盛遺愛の笛のことで、もともと弘法大師が留学からの帰国後、嵯峨天皇に献上して青葉の笛と名付けられ、その後皇室から平家の手に渡ったものらしい。

e0342766_04482039.jpg
e0342766_12183288.jpg


 No.130 上野山 福祥寺 「世にひびく青葉の笛の名にぞきく すまのみ寺の松風の声」 2017-04-9(Sun)


御朱印ランキング
[PR]
by yan-puchi | 2017-12-11 04:53 | 兵庫県・寺院 | Comments(0)
e0342766_12185750.jpg
 須磨寺  真言宗須磨寺派大本山
 山号:上野山  本尊:聖観音
 創建:仁和2年(886年)  開基:聞鏡、光孝天皇(勅願)
 札所:真言宗十八本山 第2番、新西国三十三箇所 第24番、摂津国八十八箇所 第88番 他
 所在地:兵庫県神戸市須磨区須磨寺町4-6-8
 須磨寺HP: http://www.sumadera.or.jp/

 今年4月、神戸文化ホールにて行われた『神戸花月 春の特別公演2017』の追加公演に月亭方正さんが出演するというので、久しぶりに神戸に行ってきた。18時開演ということなので、その前に須磨寺へ立ち寄った。
 須磨寺というのは通称らしく、正式名は上野山 福祥寺だそうな。

 兵庫区和田岬の海中から引き上げられた聖観音像を安置するため、淳和天皇の勅命により、兵庫区会下山に恵偈山北峰寺が建立され、後の仁和2年(AD886)に光孝天皇の勅命により、聞鏡上人が現在の地に上野山福祥寺を建立し、北峰寺より聖観音像を遷し、本尊としてお祀りしたのが須磨寺の始まりらしい。
 源平ゆかりのお寺ということで、平敦盛遺愛の青葉の笛や弁慶の鐘、さらに敦盛首塚や義経腰掛の松など、多数の重宝や史跡があり、庭には平敦盛・熊谷直実の一騎討ちの場面を再現した像があった。
「人間五十年、下天のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり~」
 織田信長が好んで演じていたことで知られるこの節は、幸若舞『敦盛』の一節である。『敦盛』は須磨の浦における「一ノ谷の戦い」で16歳の若武者・敦盛を討ってしまった直実が、世の無常を感じて出家するという話だそうで、直実は法然の弟子となり、出家後間もなくの建久4年(1193年)、法然の徳を慕って法然生誕地に誕生寺を建立したという。

 境内には、「オモロイ寺にしたい」という住職の希望で、いろいろとオモロイものが置かれている(HPより)というが、オモロイというか微妙というか…(^^;

e0342766_12182398.jpg
e0342766_12183288.jpg


 No.129 上野山 福祥寺 「大悲殿」 2017-04-9(Sun)


御朱印ランキング
[PR]
by yan-puchi | 2017-12-06 13:23 | 兵庫県・寺院 | Comments(0)
e0342766_13030719.jpg
 普門寺  天台宗  
 山号:明王山  本尊:十一面千手千眼観世音菩薩
 創建:不詳  開基:聖徳太子 
 札所:瀬戸内三十三観音霊場 第8番、播州薬師霊場 第20番 他
 所在地:兵庫県赤穂市尾崎825-2
 普門寺HP: http://www.e-ako.sakura.ne.jp/fumonji/
 赤穂八幡宮横の坂道を上がっていくと如来寺というお寺があり、更に進んだところに目指す普門寺はあった。
 瀬戸内三十三観音霊場 第8番札所・普門寺は聖徳太子によって開かれ、慈覚大師により創建されたという由緒あるお寺らしい。元々は天台宗長安寺と共に赤穂城下の東北に位置する雄鷹台山に建立されていたそうだが、度重なる兵火により堂宇が焼失。しかし、普門寺の本尊・観世音菩薩、長安寺の本尊・薬師如来は幸いにも兵火を免れて赤穂東組(現・橋本町)、西組(現・新町)にそれぞれ安置され、慶長2年(1597年)に伽藍を再建。その後、山号も宗派も同じだった両寺院は統合して普門寺となり、現在に至っているという。
 お寺に到着して山門を潜ると、女性の方が二人して何やらお話していた。受付に向かうとその二人の内の一人が応対してくださり、御朱印を書いてくださった。もう一人の方がじっと待っているようで何となく居心地が悪く、国の重要文化財に指定されているという十一面千手千眼観世音菩薩像とか薬師如来像とかを見ることもなく、御朱印だけいただいてさっさと退散してしまった。嗚呼、せっかく来たのに勿体無かったなぁ…。
e0342766_13023709.jpg
e0342766_13015420.jpg

 No.46 明王山 普門寺 「慈光殿 2015-06-20(Sat)

[PR]
by yan-puchi | 2015-08-27 02:32 | 兵庫県・寺院 | Comments(0)
e0342766_10162491.jpg
 花岳寺  曹洞宗  
 山号:台雲山  本尊:千手観音
 創建:正保2年(1645年)  開基:秀巌龍田
 札所:瀬戸内三十三観音霊場 第7番、新西国霊場 第31番
 所在地:兵庫県赤穂市加里屋1992
 花岳寺HP: http://www.kagakuji.org/
 瀬戸内三十三観音霊場 第7番札所は、お隣・兵庫県赤穂市の花岳寺だ。岡山駅から赤穂線に揺られること1時間ちょい、終点の播州赤穂駅で下車。駅前には中国銀行やトマト銀行の赤穂支店があり、何だか県外に来た気がしない。まぁ元々赤穂市は吉備国だったからね。Wikiさんによると播州赤穂駅から花岳寺までは徒歩8分とのことなので、のんびり散策がてら歩いていくことに。
 赤穂といえば、言わずと知れた元禄赤穂事件 “忠臣蔵” の町である。元禄14年(1701年)、将軍の住む江戸城に天皇の使者を迎える儀式の日、接待役に任命された赤穂藩主・浅野内匠頭長矩が、江戸城 “松の廊下” で吉良上野介に遺恨を持って斬りつけるという事件が発生した。時の将軍・徳川綱吉は吉良上野介を無罪とし、一方の浅野内匠頭は即日切腹が言い渡された。翌年、浅野家の家来47人は主君の仇・吉良上野介を討ち、これまた切腹となったのであった。(赤穂市観光ガイドブック参照) 花岳寺は歴代赤穂藩主の菩提寺であり、浅野家、赤穂浪士に関する展示物が収蔵されている義士宝物館も併設されている。
 駅からてくてく歩いていくと、途中に井戸が。息継ぎ井戸といい、主君刃傷の凶報をもって江戸より駆けつけた使者が、この井戸で一息ついてから城内の大石内蔵助邸へ入ったのだとか。井戸から更に進み、お目当ての花岳寺に到着。赤穂には何度か来ており、花岳寺も当然見て回ったことがあるので、今回は御朱印だけをいただいてお寺を後にした。
e0342766_10135188.jpg
e0342766_10153145.jpg

 No.44 台雲山 花岳寺 「千手観音 2015-06-20(Sat)
[PR]
by yan-puchi | 2015-08-12 02:33 | 兵庫県・寺院 | Comments(0)