ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

カテゴリ:広島県・寺院( 5 )

e0342766_05073668.jpg
 千光寺  真言宗単立 
 山号:大宝山  本尊:千手観音
 創建:大同元年(806年)  開基:弘法大師
 札所:中国三十三観音霊場 第10番、百八観音霊場 第13番、山陽花の寺二十四か寺 第20番
 所在地:広島県尾道市東土堂町15-1
 千光寺HP: http://www.senkouji.jp/
 千光寺では5枚もの御朱印をいただいた。有難や~。こちらは百八観音霊場 第13番札所のもの。
e0342766_05084438.jpg 以前も全く同じことを書いたが、百八観音霊場というのは中国観音霊場(第1番~第39番)、四国三十三観音霊場(第40番~第74番)、九州西国霊場(第75番~第108番)の3霊場が一緒になったもので、百八観音霊場の御朱印の特徴はというと、右下に押印された金印&花御影というお花のカードがいただけることである。納経料は500円(霊場の納経料300円+百八霊場の金印200円)と、ちょいとお高くなっている。
 千光寺の花御影は可愛らしい春山茶花(はるさざんか)だ。

 行きはロープウェイで上ったが、帰りは文学のこみちなる散歩道を歩いて下山。ここには尾道ゆかりの文人達――徳富蘇峰、正岡子規、十返舎一九、金田一京助、志賀直哉、林芙美子、緒方洪庵、山口誓子、柳原白蓮、松尾芭蕉、頼山陽など――の作品の一節が自然石などに刻まれた25の文学碑がある。
 「海が見えた。海が見える。五年振りに見る尾道の海はなつかしい。汽車が尾道の海へさしかかると、煤けた小さい町の屋根が提灯のように、拡がって来る。赤い千光寺の塔が見える。山は爽やかな若葉だ。緑色の海、向こうにドックの赤い船が、帆柱を空に突きさしている。私は涙があふれていた」
 これはあまりにも有名な林芙美子の「放浪記」の一節。
 「六時になると上の千光寺で刻の鐘をつく。ごーんとなると直ぐゴーンと反響が一つ、又一つ、又一つ、それが遠くから帰ってくる。その頃から昼間は向島の山と山との間に一寸頭を見せている百貫島の燈台が光り出す。それがピカリと光って又消える。 造船所の銅を溶かしたような火が水に映り出す」
 こちらは志賀直哉の「暗夜行路」の一節。ま、どちらも読んだことはないけどね…。
e0342766_05291921.jpg
e0342766_05083489.jpg
e0342766_06154456.jpg
(千光寺本堂の画像は写真素材 おのみちやさんより拝借しました)

 No.112 大宝山 権現院 千光寺 「大悲閣」 2016-07-16(Sat)
[PR]
by yan-puchi | 2016-08-19 02:51 | 広島県・寺院 | Comments(2)
e0342766_05075162.jpg
 千光寺  真言宗単立 
 山号:大宝山  本尊:千手観音
 創建:大同元年(806年)  開基:弘法大師
 札所:中国三十三観音霊場 第10番、百八観音霊場 第13番、山陽花の寺二十四か寺 第20番
 所在地:広島県尾道市東土堂町15-1
 千光寺HP: http://www.senkouji.jp/
 尾道で最も知られているお寺といえば、やはり千光寺だろう。正式には大宝山 権現院 千光寺というらしい。大同元年(806年)弘法大師の開基で、源満仲(多田満仲)によって再興されたそうだ。舞台造りの赤い本堂が有名らしく、別名「赤堂」と呼ばれているのだとか。本尊の千手観音菩薩は聖徳太子作だそうで、33年に一度しか開帳されない秘仏だそうな。
 “赤い千光寺の塔が見える” by 林芙美子「放浪記」
 “六年重ねて来たる千光寺” by 頼山陽
などと尾道を訪れた文人墨客の作品にも登場する千光寺は、千光寺山(大宝山)の中腹、海抜100Mの所にあるため、行きはロープウェイで。齢46 にして人生初ロープウェイ、結構な眺めでした♪
e0342766_05295111.jpg
 正直なところ、お寺自体はあまり印象に残っていないのだが、境内からの眺望の素晴らしさは格別!
e0342766_05083489.jpg
 本堂にておみくじを引いてみると、まさかの“大吉”。昨年初めに上野寛永寺で引き当てて以来だ。今年もいいことあるのかしらん!?
 千光寺の御朱印はいくつかあり、上の画像は中国三十三観音霊場のもの。その他にもe0342766_00332234.jpg e0342766_00333774.jpg e0342766_00335165.jpg











弘法大師(玉の浦大師)やら御本尊・千手観音やらの御朱印がいただける。本堂ではお守りを勧められたし、かなり商売熱心なお寺であるようだ。
e0342766_05291921.jpg
(ロープウェイと本堂の画像は写真素材 おのみちやさんより拝借しました)

 No.111 大宝山 権現院 千光寺 「大悲閣」「南無大師」 2016-07-16(Sat)

[PR]
by yan-puchi | 2016-08-19 01:17 | 広島県・寺院 | Comments(0)
e0342766_20095442.jpg
 天寧寺  曹洞宗 
 山号:海雲山  本尊:釈迦牟尼仏
 創建:貞治6年(1367年)  開基:足利義詮  開山:普明国師
 所在地:広島県尾道市東土堂町17-29
 尾道 七佛めぐり公式HP: http://www.shichibutsu.com/
 尾道の市街地は古くからお寺の町として有名らしく、25の古寺を石畳の坂道で結ぶ全長約2kmの「古寺めぐりコース」というものがあり、七佛めぐりもそのコース内にあったりする。車が入れるような道はなく、坂や階段が多い石畳の細い路地をひたすら歩くしかないという。
e0342766_20092264.jpg
e0342766_20093295.jpg
 承和年間(834 - 848年)慈覚大師の草創といわれている光明寺(画像上)や、貞和年間(1345 - 1349年)の頃に融海意観という方が開いたらしい宝土寺(画像下)などを見て回りながら、七佛めぐり第2のお寺・天寧寺を目指して細い路地をひたすら歩く。うーん、この季節に来たのはちょっと失敗だったかな…ι(´Д`υ) アヂヂー

 ハンカチが絞れるほど汗を吸ったところで、やっと天寧寺に到着。
 天寧寺は貞治6年(1367年)、室町幕府第2代将軍・足利義詮が父・尊氏の遺志を継いで工事を寄進し、普明国師を請して開山されたお寺なのだとか。創建当時は臨済宗で、東西三町にわたる七堂伽藍を配した大寺院だったそうな。その後、室町幕府滅亡と共に衰亡の一途を辿ったものの、元禄年間(1688 - 1704年)に三原宗光寺一雲椿道和尚によって再興され、曹洞宗に転宗したらしい。
 足利義詮が建立した国重文の三重塔(海雲塔)や、羅漢堂にズラリと並ぶ526体もの五百羅漢が有名なのであるが、暑さでボ~っとしていたのか全く見ていない。お寺の写真すら撮ってない。罰当たりなことに御朱印だけいただいて帰ったようだ――全く記憶にないのだけれど。
e0342766_22170417.jpg
e0342766_20094217.jpg
(天寧寺の画像2点は「無料写真素材 おのみちや」さんより拝借しました)

 No.110 海雲山 天寧寺 「南無釈迦牟尼佛」 2016-07-16(Sat)

[PR]
by yan-puchi | 2016-07-26 22:29 | 広島県・寺院 | Comments(0)
e0342766_15594258.jpg
 持光寺  浄土宗西山禅林寺派 
 山号:日輪山  本尊:五劫思惟阿弥陀如来
 創建:承和年間(834 - 848年)  開基:慈覚大師
 所在地:広島県尾道市西土堂町9-2
 尾道 持光寺公式ブログ: http://jikouji1.blog.fc2.com/
 e0342766_15595717.jpg 文学の街、映画の街、坂の街・尾道を久々に訪れた。
20年程前に同僚と尾道ラーメンを食べに来て以来だ。今回もパート先の御朱印仲間さんと一緒に耕三寺を見て回り、時間に余裕があったので尾道に寄った次第。どうやら「尾道 七佛めぐり」というのがあるらしい。尾道駅前に車を駐め、いざ行かん!

 まず最初に向かったのは、尾道名物の一つ・延命門(石造りの山門)を有する持光寺。正式な名称は日輪山 五劫院 持光寺というらしい。
 持光寺は承和年間(834 - 848年)に慈覚大師が創建したお寺だと尾道七佛めぐり公式HPには書かれてあるが、パンフレットの方には伝教大師(最澄)の高弟・持光上人により草創されたとある。どっち?同一人物なの?当初は天台宗のお寺だったそうだが、永徳2年(1832年)浄土弘伝の沙門・善空頓了上人によって浄土宗の寺に改宗され、以来京都東山・禅林寺(永観堂)の末寺となったそうな。浄土弘伝の沙門とは、浄土宗の教えを広め伝えた修行僧ってな感じ。
 このお寺の御本尊は五劫思惟阿弥陀如来像。以前、京都の金戒光明寺でもお目にかかったアフロな仏様である。阿弥陀仏がまだ法蔵菩薩だった時、一切の衆生救済のために五劫もの長い間、ただひたすら思惟をこらして修行したら髪が伸びて渦高く螺髪を積み重ねた頭となり、気が付けばアフロのようになっていたという。
e0342766_15591913.jpg
e0342766_15590899.jpg
(延命門の画像は「無料写真素材 おのみちや」さんより拝借しました)

 No.109 日輪山 五劫院 持光寺 「五劫思惟 阿弥陀如来」 2016-07-16(Sat)


[PR]
by yan-puchi | 2016-07-26 18:26 | 広島県・寺院 | Comments(0)
e0342766_21394951.jpg
 耕三寺  浄土真宗本願寺派 
 山号:潮聲山  本尊:阿弥陀如来
 創建:昭和11年(1936年)  開基:金本耕三(耕三寺耕三)
 所在地:広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2
 耕三寺HP: http://www.kousanji.or.jp/
 瀬戸内海のある島に何だかスゴいお寺があると聞き、しまなみ海道(西瀬戸自動車道)を通って芸予諸島の一つ・生口島で異彩を放ちまくっている耕三寺に行ってきた。 
 一応は浄土真宗本願寺派のれっきとした寺院らしいのだが、お寺の案内板によると、耕三寺は昭和初期に特殊鋼管の会社を興して成功を収めた実業家・耕三寺耕三氏が母親の菩提追悼のために建てたものなのだとか。個人でこれを…( ゚д゚ ) マジデスカ!?
e0342766_21375694.jpg
 ド派手な山門を抜けて中門を潜り、右手の受付にて1,400円で入場券を購入。この日は夏蓮祭初日ということで、蓮がいっぱい。
e0342766_21381525.jpg
 入口と書かれた小屋でチケットを提示して、いよいよ入場。お寺というよりは完全にテーマパークといった感じ。この小屋で書置きの御朱印というか、小色紙をいただいた。浄土真宗は御朱印をやってないからね。

 “伽藍配置は、上・中・下3段からなる境内内を南北に貫く軸線を中心として、厳密な左右対称をとっており、全国にも例のない「耕三寺式伽藍配置」として高い評価を得ています。また、堂塔の内の15棟は「国登録有形文化財」の指定を受けています” (耕三寺HPより)
 伽藍配置って…。いや、確かにれっきとした寺院なのだから間違っちゃいないのだが、何だろう、この腑に落ちない感というか有り余る違和感は。建物はどれも立派で素晴らしくはあるのだけれど、そのどれもが日本各地の有名寺院の堂宇を模したもの(それもかなり忠実に)という、めっちゃスゴいんだけど何だかなぁ… (´・ω・`)
 e0342766_21382556.jpg 
 たとえばこの五重塔は奈良県室生寺の国宝・五重塔を模したものであるが、他にも一番上の画像の山門は京都御所・紫宸殿の御門と同じ様式であり、その奥の中門は法隆寺の西院伽藍(楼門)を模したもの。その下の画像の、蓮の奥に見える回廊(羅漢堂)もやはり法隆寺西院伽藍の回廊が原型らしい。
いずれも彩色や装飾などは耕三さんのアレンジが加えられている。
 他の堂宇も全てこんな感じで
・礼拝堂…京都の国宝・清水寺西門が原型らしい
・鼓楼・鐘楼…奈良・新薬師寺の鼓楼・鐘楼を原寸大に模した
・仏宝蔵…新薬師寺本堂が原型
・法宝蔵・僧宝蔵…大阪・四天王寺の金堂が原型
・孝養門…栃木・日光東照宮の陽明門を原寸大に模した
・至心殿・信楽殿…京都・法界寺の阿弥陀堂が原型
・本堂…京都宇治・平等院鳳凰堂が原型
・多宝塔…滋賀県の国宝・石山寺の多宝塔が原型
・銀龍閣…京都・慈照寺銀閣を模した
・八角円堂…奈良・法隆寺の夢殿が原型。1/2スケールで模している

 e0342766_21393569.jpgこれら有名寺院の堂宇もどき以外にも見所はたくさん。
 千仏洞地獄峡という、源信(恵心僧都)の「往生要集」が視覚で体感できる、地下約15Mに全長350Mにもなる隧道があったり、未来心の丘とかいう広さ5,000平方メートルにもおよぶ真っ白な大理石庭園があったり、潮聲閣という、耕三さんがお母さんの老後を慰めるために建てた、耕三寺の原点ともいえる和洋複合の大邸宅があったり。道路を挟んだ向かいには金剛館という美術展示館もあったりして。でもって最初の入口小屋&これらの場所に設置してある計5ヶ所のスタンプを台紙に集めると、最終チェックポイントの金剛館で記念の絵葉書がいただけるのだ♪ 
e0342766_01505216.jpg 
 驚くべきことに、以前EXILEがここ耕三寺でPVを撮影したという。帰宅後、調べてみると “Eastern Boyz 'N' Eastern Girlz” という06年にリリースされた曲がそうであった。

e0342766_21380564.jpg
e0342766_21383515.jpg
e0342766_21392193.jpg

 No.108 潮聲山 耕三寺 「孝心」 2016-07-16(Sat)

[PR]
by yan-puchi | 2016-07-26 02:14 | 広島県・寺院 | Comments(0)