ブログトップ

御朱印集め 始めました

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介していきます

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0342766_00004391.jpg
 宝福寺 (宝福禅寺)  臨済宗東福寺派 中本山 
 山号:井山  本尊:虚空蔵菩薩
 創建:不詳  開基:日輪
 所在地:岡山県総社市井尻野1968
 宝福寺HP:http://iyama-hofukuji.jp/
 “御朱印ガール” 元い御朱印BBAが最後に訪れたのは、画僧雪舟が少年時代に修行した禅寺・井山宝福寺。ここも二度目の参拝だが、何度でも訪れたくなる素晴らしいお寺だ。(前回の記事はこちら) 
 今回はTV撮影ということで、庫裏にて目の前で御住職さんに御朱印を書いていただいた。更には方丈にも上がらせていただき、雪舟に関する言い伝えについて色々と話を伺うことが出来た。
 「幼い雪舟が柱に縛られた折、床に落ちた涙でねずみの絵を描いた――なんて言われてますけど、涙が床まで落ちることはないでしょ、どう考えても」 何と、雪舟の説話をいきなり全否定!いいんですか、御住職 (゚Д゚;)
御住職に言われるまま、カメラの前で柱に縛り付けられた雪舟になりきる私。確かに柱がかなり太いため、体が反って涙を床まで零すのは難しい。まぁ仮に涙が床に落ちたとしても、足が届くところではない。それにしても、宝福寺といえば雪舟の鼠の絵で有名なお寺であり、柱に縛り付けられた雪舟と鼠の石像まで作っていながらあっさり否定してしまうとは…。
 意外と気さくな御住職さんで、他にも座禅堂を案内してくださったり御土産にポストカードまでいただいたりと、普段の単独御朱印巡りでは決してあり得ない貴重な体験が出来て嬉しかった。
e0342766_23595995.jpg
e0342766_00001249.jpg
 この御朱印巡りの様子は8月末、地元TV局で放送された。本人は恥ずかしすぎて未だその放送を見れずじまいなのだが…。Kディレクターさん、音声さん、カメラマンさん並びに運転手さん、更には両備グレースタクシーの美人運転手さん、寺社関係者様、そして一緒に回ったSさん、その節は大変お世話になりました m(_ _)m
e0342766_01425689.jpg
e0342766_01414625.jpg
 
 No.- 井山 宝福寺 「南無虚空蔵」 2015-08-18(Tue)

[PR]
by yan-puchi | 2015-11-17 01:32 | 岡山県・寺院 | Comments(0)
e0342766_04564389.jpg
 備中国分寺  真言宗御室派 
 山号:日照山  本尊:薬師如来
 創建:天平13年(741年)  開基:聖武天皇(官立)
 所在地:岡山県総社市上林1046
 総社市HP: http://www.city.soja.okayama.jp/shoukou_kanko/kanko/kanko_miru/kokubunji.html

 吉備津彦神社から次なる目的地である備中国分寺へと向かうために用意された車は、両備グレースタクシーの “特別な日のための車両” 真っピンクのクラウンであった。
e0342766_04583786.jpg  両備グレースタクシーでは「吉備路 御朱印集めの旅」プランというのをやっているそうな。
(HPはこちら→吉備路「御朱印集め」の旅
 ちなみにこの会社はドライバーが全員女性で、今回運転手を務めてくださった方も、とても格好良くて素敵な女性でした♪

 備中国分寺で御朱印をいただくのもこれが2度目なのだが(前回の記事はこちら)、前回の若い僧侶さんではなく、今回は何と!93歳のおばあちゃんに書いていただいた。恥ずかしながら何と書かれているのかお尋ねしたところ、「瑠璃殿」とのこと。成程、こちらの御本尊の薬師如来って薬師瑠璃光如来っていいますもんね。
 庫裏横の御茶屋さんでカキ氷をしゃくしゃくといただき、涼をとった。撮影は8月の猛暑のなか行われたので、本当に美味しかった~(^^)
e0342766_21443951.jpg
 No.- 日照山 国分寺 「瑠璃殿 2015-08-18(Tue)

[PR]
by yan-puchi | 2015-11-16 23:22 | 岡山県・寺院 | Comments(0)
e0342766_04043743.jpg
 吉備津彦神社  備前国一宮、別表神社
 祭神:大吉備津彦命
 創建:不詳  創祀:不詳
 所在地:岡山県岡山市北区一宮1043
 吉備津彦神社HP: http://www.kibitsuhiko.or.jp/
 近年、御朱印集めにハマっている、所謂 “御朱印ガール” が増えているという。巷に溢れる御朱印ガールの特集をしよう!と企画した地元TV局から連絡があり、御朱印ガールならぬ御朱印BBAの私も恥ずかしながら参加させていただくことに。茹だるような暑さの中、久々に吉備路の寺社をいくつか回ってきた。

 まず最初に訪れたのは、今回が2度目となる備前国一宮・吉備津彦神社。 (前回の記事はこちら
 正しい神社参拝作法にのっとって、まずは一礼して鳥居をくぐり、参道の端を歩く。続いて手水舎で手と口を清め…って流石に口を付ける勇気はなかったのでそこは真似で御勘弁。拝殿ではまず賽銭箱にそっとお金を入れ、二拝二拍手一拝。神様には願いごとではなく誓いをするように、とのことだが思いっきり我欲丸出しのお願いをしてしまった。
 前回とは違う方が書いてくださったため、今回の御朱印は何やら力強い感じ。同じ寺社の御朱印でも書き手によって変わるというのも、御朱印集めの楽しさのひとつだ。 
e0342766_04041808.jpg

 No.- 吉備津彦神社 「吉備津彦神社」 2015-08-18(Tue)

[PR]
by yan-puchi | 2015-11-16 04:50 | 岡山県・神社 | Comments(0)
e0342766_02463162.jpg
 宗忠神社  
 祭神:宗忠大神(教祖・黒住宗忠)
 創建:明治18年(1885年)  
 所在地:岡山県岡山市北区上中野1-3-10
 宗忠神社HP: http://www.munetada.jp/

 宗忠神社(大元宗忠神社)の御朱印をいただくのは今回で2度目。(前回の記事はこちら
 今回訪れたのは、山陽新聞社が発行している「まいられぇ岡山 神社仏閣を巡る」という岡山県内の由緒ある神社仏閣46社寺を掲載している無料のガイドブックの2015年版(といっても昨年と内容は全く同じ)と、その46社寺に備えつけのスタンプのうち15個集めると賞品が当たるというスタンプラリーの応募台紙をいただくためである。
e0342766_02455885.jpg
e0342766_02454928.jpg
 対象の寺院・神社は以下のとおり
岡山市-最上稲荷、國清寺、盛隆寺、浄土寺、日應寺、龍泉寺 / 吉備津神社、吉備津彦神社、宗忠神社、岡山神社、沖田神社・道通宮、龍之口八幡宮、備前国総社宮
倉敷市-蓮台寺、安養寺、五龍尊瀧院 / 新庄八幡宮、由加神社本宮
津山市-慈恩寺、清眼寺、本源寺、萬福寺 / 福力荒神社
井原市-嫁いらず観音院
総社市-備中国分寺、宝福寺 / 備中国總社宮
高梁市-祇園寺、淨福寺、頼久寺 / 稲荷神社
新見市-本誓寺
瀬戸内市-餘慶寺、朝日寺、遍明院
赤磐市-千光寺、普門院
美作市-大聖寺、長福寺
浅口市-龍城院
真庭市-大津神社
矢掛町-多聞寺
久米南町-誕生寺
吉備中央町-円城寺、妙本寺
早島町-鶴﨑神社

 これらの寺社のうち、既に当ブログで御朱印を紹介済のところはたったの14件。まだ1/3 も回れていないなんて…(´ヘ`;) まぁぼちぼち集めていくとしよう。
e0342766_02290927.jpg
 No.- 宗忠神社 「宗忠神社 2015-08-16(Sun) 

[PR]
by yan-puchi | 2015-11-16 03:58 | 岡山県・神社 | Comments(0)
e0342766_13023371.jpg
 金山寺 (観音寺遍照院)  天台宗  
 山号:銘金山  本尊:千手観音
 創建:天平勝宝元年(749年)  開基:報恩大師 
 所在地:岡山県岡山市北区金山寺481
 金山寺HP: http://www.city.okayama.jp/museum/kinzanji/index.html
 息子を運転免許センターへ車で送ったついでに、金山寺まで行ってみた。
 天平勝宝元年(749年)に報恩大師孝謙天皇の勅命により開創し、後に報恩開創の備前四十八ヶ寺の根本道場になったという、天台宗の古刹である。当初は法相宗のお寺だったらしく、嘉応年間(1169年 - 1170年)に宋から帰国した栄西により護摩堂などが建てられてから改宗したそうな。栄西といえば臨済宗の開祖として知られているが、この方は岡山出身で、浄土宗の開祖・法然や、幕末三大新宗教の内の二つである金光教と黒住教の教祖も岡山の人である。なかなか宗教が盛んな土地のようだが、岡山県民がとりわけ信心深いというわけでもない。自然災害の少ない長閑な所なので、逆に宗教に浸る余裕があったのではないかと思う。
 金山寺の本堂は国の重要文化財に指定されていたのだが、残念なことに2012年に火事で全焼してしまった。何年も前から改修工事中の仁王門を潜り、天正3年(1575年)宇喜多直家の寄進により建立されたという護摩堂を通り過ぎて客殿・庫裏の方へ向かう。うーん…かなりボロボロだけど大丈夫なのだろうか?

 庫裏の呼鈴を押すと、お若い御住職さんが出てきてくださり、掃除中か何かだったようだが気さくに対応してくださった。御朱印を書いていただいている間、玄関内で待っていたのだが、ふと玄関引戸の上を見上げると、宝くじを挿んだ御札が貼られていた (゚Д゚;)
e0342766_19190565.jpg ここ金山寺は会陽が有名らしく、御札は「御福分け札」というもので、会陽当日に投下され裸の男達が奪い合う宝木・副宝木・コブシ等の授与物の内これらを包む「牛玉宝印」という紙札のみを折り畳んだものだそうで、玄関内側の上部へ両面テープで貼り、宝くじやLOTO6等を買って上部の隙間に挟み込むと当選祈願になるという。金運上昇&開運厄除けのご利益がある御札なのだそうだが、お寺の荒れっぷりを見るかぎりご利益があるとは到底思えなかったものの、1枚1,000円にて購入。
……宝くじが当たってお寺を綺麗に修復出来るといいね(T T)
e0342766_13220971.jpg 
 御朱印をいただき、御暇しようとすると「よかったらトマト、食べませんか」とのこと。ビニール袋にいくつか詰めてくださり、お土産にいただいた。
「本堂は焼失してしまったので、護摩堂に寄ってお帰りください。名前を書いといてくださったら、心をこめて祈願させていただきます」というようなことを帰り際におっしゃられたので、言われた通りにして金山寺を後にした。山の上には三重塔も見えたが、気力も体力もなかったので間近で見るのは断念。
 せっかくの名刹なのにこうもボロボロでは…。御住職さんも気さくでいい方だったし、どうにかならないものかしらん。
e0342766_13215825.jpg
e0342766_13214780.jpg

 No.52 銘金山 金山寺 「千手観音 2015-07-26(Sun)

[PR]
by yan-puchi | 2015-11-05 20:05 | 岡山県・寺院 | Comments(0)