ブログトップ

ふらりと御朱印集め

yanpuchi77.exblog.jp

主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介しています。関西の寺社にもふらりと出掛けます。

カテゴリ:京都府・神社( 13 )

e0342766_13065542.jpg
 貴船神社  貴船神社総本社  名神大社、二十二社(下八社)、官幣中社、別表神社  
 祭神:高龗神
 創建:不詳 
 所在地:京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
 貴船神社HP: http://kifunejinja.jp/

 ひーこら言いながら鞍馬山を下ると、目の前には貴船神社が。山登りの疲れを癒してくれる貴船川のせせらぎに心があらわれる。鞍馬寺といい、この貴船神社といい、山の木々の新緑に鳥居や灯籠の朱色がよく映えて実に美しい。
e0342766_13051178.jpg
 創建年代は不詳だが貴船神社の歴史は古く、社伝によると反正天皇の時代(406年~410年)に神武天皇の母である玉依姫命が、黄色い船に乗って淀川・鴨川・貴船川を遡って当地に上陸して水神を祭ったのに始まると伝えているらしい。社名の由来は「黄船」によるものとし、奥宮境内にある御船型石は、玉依姫命が乗ってきた船が小石に覆われたものなのだとか。「気の産まれる根源」が転じて「気生根」になったともいうそうな。
 社殿は本宮・結社(中宮)・奥宮の3箇所に分かれて建っており、元々奥宮のある場所が本宮だったようだが、永承元年(1046年)の洪水災害で社殿が流失したため、天喜3年(1055年)現在地に再建・遷座したらしい。本殿の真下には龍穴があるらしく、大和の室生龍穴、備前の龍穴とともに、日本三大龍穴の一つとされているのだとか。岡山にそんな大きな龍穴があるなんて、初めて知った…(^^;
 
 結社(中宮)には磐長姫命が祀られ、縁結びの神として信仰されているらしい。なんでも伝承によると、天孫・瓊瓊杵尊磐長姫の妹の木花開耶姫と結婚しようとしたとき、姉妹の父の大山祇命は磐長姫も共に奉ったが、瓊瓊杵尊は容姿端麗な木花開耶姫とだけ結婚し、醜かった磐長姫は実家に返したそうな。磐長姫は大いに恥じ、「縁結びの神として良縁を授けん」と言って当地に鎮まったというが――。
 何それ!? 磐長姫命、めっちゃ可哀想やん。お姉ちゃん、いい人すぎるわ…(T T) 僭越至極ながら、私らのことよりも、磐長姫自身に御幸せになっていただきたいと思うのであります。 e0342766_13101689.jpg 鞍馬山二往復中の次男を待つ間、長男は一人で奥宮へ。私は歩く元気がなかったので、御朱印帳を購入し、記入していただいた。奥宮の御朱印も…。すみません、次回は必ず奥宮も参拝致しますので m(_ _)m
e0342766_13070481.jpg 貴船神社の御朱印帳は水玉模様がとってもキュート♪
水神である高龗神(たかおかみのかみ)を祀っているので、水玉なのかな。
 御神水に浸すと文字が浮き出てくる水占おみくじもやったのだが、何が書かれていたか忘れてしまった(^^;
 思っていたより歴史感が薄かったのは、本殿・拝殿を2007年に改築したため。若い女性に人気の神社だから、清潔感があっていいかも。

 地元の方が川床の準備をしている脇を、とことこ歩いて道を下っていると急に雨が降ってきた。慌ててバス停に駆け込んで雨宿り。山登りの途中でなくてよかった~。
e0342766_13053160.jpg
e0342766_13052168.jpg
e0342766_13054831.jpg
帰りは灯籠に灯がともっていた。夜はさぞかし美しいだろうなぁ。


 No.151 貴船神社 「水神 貴船神社」  2018-04-27(Fri)


御朱印ランキング

[PR]
by yan-puchi | 2018-06-18 18:00 | 京都府・神社 | Comments(0)
e0342766_21211021.jpg
 由岐神社   
 祭神:大己貴命、少彦名命
 創建:天慶3年(940年)  
 所在地:京都府京都市左京区鞍馬本町1073
 由岐神社HP: http://www.yukijinjya.jp/

 宇治・萬福寺で普茶料理を堪能した翌日は、今回の目的地である貴船神社方面へ向かうことに。
 でもせっかくだから京都最古の歴史を持つ神社のひとつで、世界遺産にも登録されている上賀茂神社(賀茂別雷神社)にも参拝していこうか――ということで、京都駅からのんびり市バスに揺られて上賀茂神社へ。今年3月からバス一日券って600円になったのね。私は1年半にも訪れているのだが、初めての息子に付き合って2度目の特別参拝。この日も御朱印はいただいたが前回アップしたので今回は割愛。バスで出町柳へと戻る途中、下鴨神社にも寄ろうか迷ったが時間的に余裕があるか微妙だったので、今回はスルーして出町柳駅から叡山電鉄鞍馬線に乗り込んだ。

 貴船神社口という駅で降りるつもりで乗り込んだが、ついでだから鞍馬寺というお寺を先に見てみようか…と、鞍馬駅で下車。元々回るつもりはなかったので駅のデッカい天狗に若干引きつつ歩いていくと、鞍馬寺への参道入口が。まさかこのあと山登りする羽目になろうとは思わず、軽い気持ちで仁王門を潜って突き進んだ。
 途中、ケーブルカー乗り場(ケーブル山門駅)があったが、それに乗ってしまうと由岐神社に立寄れなくなるため、横の九十九折参道を歩いていくことに。駅で借りた杖を突き突き10分ほど歩いたところで由岐神社に到着。

 由岐神社の祭神は元々御所に祀られていたそうだが、都で大地震、平将門の乱(天慶の乱)と相次いだため、朱雀天皇の詔により天慶3年(940年)9月9日、鞍馬の地に遷宮され、北方鎮護を仰せつかったのだそうな。
e0342766_21212216.jpg
 そして京都三大奇祭の一つであるらしい鞍馬の火祭は、そのときに里人が篝火を持って神霊を迎えたことによるものなのだとか。…すみません、無知な私は鞍馬の火祭というものを初めて知りました m(_ _)m 
 にもかかわらず、火祭御朱印(2種類あったが1種類のみ)もちゃっかり購入。火祭御朱印は貼るタイプのみ…って何だかカイロみたいだけど。

 本殿と拝殿は慶長12年(1607年)に豊臣秀頼によって再建されたものだそうで、特に拝殿は中央に通路をとった割拝殿という珍しい拝殿らしく、国の重要文化財に指定されているそうな。
e0342766_21205632.jpg

 No.149 由岐神社 「鞍馬の火祭 由岐神社」  2018-04-27(Fri)


御朱印ランキング
  
[PR]
by yan-puchi | 2018-05-19 00:13 | 京都府・神社 | Comments(0)
e0342766_04534368.jpg
 上御霊神社  旧府社
 祭神:崇道天皇、井上大皇后、他戸親王、藤原大夫人、橘大夫、文大夫、火雷神、吉備大臣
 創建:貞観5年(863年)  
 所在地:京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495 
 下鴨神社(賀茂御祖神社)でタクシーを拾い、次なる目的地・上御霊神社へ。運転手さんからは「観光で行く神社じゃない」と言われたが、上賀茂神社→下鴨神社とくれば、やっぱり次は上御霊神社→下御霊神社でしょう。 
 神社前でタクシーを降りると、目の前には何やら見覚えのある光景が…。あッ!以前ブログ仲間さんと京都で会ったとき、阿弥陀寺に案内してもらっている途中にあった神社だ!その時のことを綴った駄ブログがこちら。
冬の京都史跡巡り~阿弥陀寺、本能寺』 (「Pastime Paradise」 2012.12.08)

 上御霊神社(正式には御靈神社というらしい)は、延暦13年(794年)に崇道天皇を祀ったのが始まりだそうで、その後7柱が合祀され、貞観5年(863年)に悪疫退散の御霊会(ごりょうえ)が勅命で催されたのが起源なのだとか。当時、天変地異や疫病流行は不運のうちに薨じた方々の御霊(怨霊)の祟りだとされており、御霊会というのは御霊による祟りを防ぐための、鎮魂のための儀礼であるらしい。
 天皇の怨霊といえば讃岐に配流された崇徳天皇が有名だが、時代が違うので8柱には含まれいない。
 崇道天皇(早良親王。光仁天皇の皇子。崇道天皇は追称で、皇位は継承していない)は藤原種継暗殺事件への関与を疑われ、無実を訴えるため絶食して淡路国に配流される途中で憤死。
 井上大皇后は夫である光仁天皇を呪詛したとして皇后を廃され、息子の他戸親王も皇太子を廃されてしまう。その翌年、今度は難波内親王(光仁天皇の同母姉)を呪詛し殺害したという嫌疑で、他戸親王ともども庶人に落とされ、母子は同じ日に幽閉先で薨去。
 藤原大夫人(桓武天皇夫人)もこれまた謀反の嫌疑により、息子の伊予親王と共に幽閉されて自害。
 橘大夫(橘 逸勢)も同様に謀反の嫌疑により姓を「非人」と改めさせられ、伊豆へ流罪(護送途中に病没)。
 文大夫(文室宮田麻呂)もやはり謀反の嫌疑で伊豆へ流罪。
 火雷神というのは上記6柱の荒魂だそうなのだが(何のことかよく分からない)、一人解せないのが吉備大臣こと吉備真備。何故奈良時代のスーパーエリートがこの中に入っているのかしらん?

 この上御霊神社は応仁の乱発祥の地でもあるらしく、応仁元年(1467年)に畠山政長畠山義就の戦い(御霊合戦)が神社内で勃発、この合戦が応仁の乱開始の契機となり、本格的な戦乱の幕開けとなったそうな。
e0342766_04532776.jpg
e0342766_04530414.jpg
e0342766_04531628.jpg

 No.126 上御霊神社(御靈神社) 「京・上御霊 御霊社」 2016-12-19(Mon)


御朱印ランキング
[PR]
by yan-puchi | 2017-05-04 04:18 | 京都府・神社 | Comments(0)
e0342766_22294447.jpg
 河合神社  式内社(名神大社)
 祭神:玉依姫命
 創建:不詳  
 所在地:京都府京都市左京区下鴨泉川町59 
 下鴨神社(賀茂御祖神社)の境内にある第一摂社・河合神社にもフラリと寄ってみた。古くは鴨川合坐小社宅神社(かものかわあいにますおこそやけのかみのやしろ)といったらしい。『延喜式』(の9・10巻を延喜式神名帳といい、「官社」に指定されていた全国の神社一覧のこと)には鴨河合坐小社宅神社と掲載されており、鴨河合とは賀茂川と高野川が合流する地を表しているのだとか。

 鳥居を潜り、神門(っていうのかしらん!?)に到着すると、“女性守護 日本第一美麗神” と書かれてある。何のこっちゃ?と思ったが、どうやら祭神の玉依姫命は神武天皇の母上だそうで、日本の建国に母として貢献したことから婦道の神として、また玉の如くに美しい姿から美麗の神として信仰されているそうな。というわけで、この神社では柄鏡の形をしている顔の描かれた絵馬に、自分のメイク道具で願いを込めて化粧して奉納するらしい。47歳2児(二人ともとっくに成人)の母、残念ながら美に対して何の願いもないため、絵馬はスルー。

 “ゆく河の流れは絶ずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし…” という書き出しでお馴染みの「方丈記」の著者・鴨 長明は、この河合神社の神宮の家系に生まれたらしい。残念ながら方丈記にも然程興味がないため、方丈記を執筆した方丈の復元があったみたいだが、これまたスルー。そういえば学生時代の国語の授業って、何故か冒頭だけ覚えさせられたよね。平家物語、源氏物語、枕草子、方丈記、土佐日記、奥の細道、曽根崎心中(道行)などなど。まぁそのおかげで、こうして駄ブログに綴れているのだけれど…(^^;
e0342766_22291842.jpg
e0342766_22293271.jpg

 No.125 河合神社 「河合大明神」 2016-12-19(Mon)


御朱印ランキング
[PR]
by yan-puchi | 2017-05-03 01:23 | 京都府・神社 | Comments(0)
e0342766_03064716.jpg
 賀茂御祖神社 (下鴨神社)  名神大社、二十二社(上七社)、官幣大社、勅祭社、別表神社  世界遺産
 祭神:玉依姫命、賀茂建角身命
 創建:不詳 【崇神天皇7年(BC90年)神社の瑞垣が造営された】  
 所在地:京都府京都市左京区下鴨泉川町59
 下鴨神社HP: http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

 上賀茂神社(賀茂別雷神社)同様、1994年に世界遺産として登録された「古都京都の文化財」の一つである賀茂御祖神社、通称・下鴨神社。祀られているのは上賀茂神社の祭神・賀茂別雷命の母である玉依姫命と、玉依姫命の父である賀茂建角身命。よって賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)というそうな。
 下鴨神社の歴史は相当古く、公式HPによると “創祀の年代を特定することは出来ないが、『日本書紀』神武天皇2年(BC658年)2月の条に、当神社御祭神、賀茂建角身命を奉斎していた一系流「葛野主殿県主部」との氏族の名がみえる” 云々とある。神武天皇って実在したかも怪しい初代天皇で、BC658年って弥生時代だよ!? でもって “崇神天皇7年(BC90年)には社の瑞垣が造営され、垂仁天皇27年(BC2年)には御神宝が奉まつられている。また、緩靖天皇(BC580年)の御世より御生神事が行われたとの伝承があり…” 云々。神武、緩靖、安寧、懿徳、孝昭、孝安、孝霊、孝元、開化、崇神、垂仁――って大学に入学して最初に歴代天皇を覚えさせられたけど(史学科卒)、垂仁天皇までは今でもちゃんと覚えてるんだよね。次の景行天皇でいつも詰まってしまう…どうでもいいけど。

 鳥居を潜ると表参道脇には糺(ただす)の森といわれる、東京ドームの約3倍の面積がある原生林が生茂り、川だか池だかもあって、とにかく広い。この広さを表すときによく引き合いに出される東京ドームなのだが、関東近辺の人しか広さの感じが掴めないよね。私も東京ドームなんて行ったことがないから、自分で書いてても全くピンとこないや(^^;

 下鴨神社は以前参拝したことがあるため、今回は軽く見て回ったのみ。日が傾きかけた頃だったので、写真もちょっと残念かしらん…。 
e0342766_03062021.jpg
e0342766_03063312.jpg

 No.124 賀茂御祖神社 「山城国一之宮 賀茂御祖神社」 2016-12-19(Mon)


御朱印ランキング
[PR]
by yan-puchi | 2017-05-02 21:14 | 京都府・神社 | Comments(0)
e0342766_15595388.jpg
 賀茂別雷神社 (上賀茂神社)  名神大社、二十二社(上七社)、官幣大社、勅祭社、別表神社  世界遺産
 祭神:賀茂別雷大神
 創建:天武天皇7年(678年)  
 所在地:京都府京都市北区上賀茂本山339
 上賀茂神社HP: http://www.kamigamojinja.jp/

 1994年に世界遺産として登録された、点在する17か所の寺社と城郭で構成される古都京都の文化財。そのうちの一つである賀茂別雷神社、通称・上賀茂神社は京都で最も古い社だそうで、手元のパンフレットによると、神代の昔に本殿の北北西にある秀峰・神山に(賀茂別雷命が)降臨し、天武天皇7年(678年)に現在の社殿の基が整えられたそうな。 
 『延喜式』では名神大社に列し、のち山城国一宮として尊崇され、二十二社(上七社)の一社であり、明治16年(1883年)に勅祭社と定められ、明治以降終戦まで官幣大社として伊勢神宮に次ぐ全国神社の筆頭に位し、現在は神社本庁の別表神社である。これらはいずれも社格(神社の格式)のことで、まぁとにかく偉い神社らしい。
 偉い神社であるからして、境内はとにかく広い。あちこちフラフラと見て回り、デカい破魔矢が目を引く建物(楼門だっけ?)を潜って御朱印をいただいていると、「国宝・本殿特別参拝とご神宝の拝観」と書かれた看板が目に入った。 
e0342766_15592456.jpg

e0342766_15593533.jpg 特別参拝を申し込み、初穂料500円を納めると、浄掛(左の写真)を渡されるので首に掛けて直会殿へ。そこで神職の方から祭神誕生神話「賀茂神話」の説明並びに御祓いをしていただき、国宝の権殿、本殿にて参拝。その後、高倉殿に展示してあるご神宝を拝観。「信長禁制」や「秀吉朱印状」等が展示されていた。
 そして最後に式年遷宮に伴う檜皮屋根葺替に奉賛を…ということで、檜の皮を奉納し、お守りをいただいた。神社のHPを見ると奉賛金の額によってランクがあるようで、どうやら私は“協賛員”という一番下のランクらしい。もうちょい奮発していれば“普通会員”になれたみたいだが、上賀茂神社に参拝するのはおそらく今回が最初で最後になるだろうから、まぁいっか。
 地元の皆様、しっかり奉賛してくださいまし(^^)
e0342766_15591395.jpg

 No.123 賀茂別雷神社 「山城国一之宮 賀茂別雷神社」 2016-12-19(Mon)


御朱印ランキング
[PR]
by yan-puchi | 2017-04-28 06:06 | 京都府・神社 | Comments(0)
e0342766_03153612.jpg
 今宮神社  旧府社
 祭神:大己貴命、事代主命、奇稲田姫命
 創建:正暦5年(994年)  
 所在地:京都府京都市北区紫野今宮町21
 今宮神社HP: http://www.imamiyajinja.org/top/index.html

 大徳寺の広い山内を出て程近くの今宮神社へ。 
 どうやらここには平安建都(鳴くよウグイス平安京)より前から疫神を祀る社があったそうだが、平安京が栄える一方で度々疫病や災厄に悩まされ、これを鎮めるため神泉苑、御霊社、祗園社など各地で盛んに御霊会が営まれたらしい。正暦5年(994年)、ここの疫神を二基の神輿で船岡山に安置して悪疫退散を祈ったとかで、これが紫野御霊会であり、現在も続いているらしい今宮祭の起源なのだとか。そして長保3年(1001年)に疫神は船岡山から再びこの地に奉遷され、新たに設けられた神殿三宇ともども今宮社と名付けられたという。

 「玉の輿」の語源という説もある、西陣の八百屋に生まれながら徳川3代将軍・家光の側室となり、5代将軍・綱吉の生母でもある桂昌院(お玉)と所縁があることから良縁祈願の参拝も多いのだとか。今宮神社名物「あぶり餅」は玉のようなお餅を食べて、お玉さんのような御利益をあやかろうとしたという言い伝えがあるらしい。何とここのあぶり餅屋さんは平安時代頃からある、日本最古の和菓子屋さんだそうな。嗚呼、食べ損ねた~(T T)
 
 初めて見開きの御朱印をいただき、天然石のストラップお守りも購入。玉の輿お守にも惹かれたのだが、今のところ離婚の予定はないので購入は見送った次第。まぁ将軍にはなれないけど、我が家の男達もそれぞれ私にとってはかけがえのない存在なのであーる。
e0342766_03151205.jpg
e0342766_03152334.jpg

 No.122 今宮神社 「むらさきの 今宮神社」 2016-12-19(Mon)


御朱印ランキング
[PR]
by yan-puchi | 2017-04-16 00:38 | 京都府・神社 | Comments(0)
e0342766_16464950.jpg
 京都霊山護國神社  内務大臣指定護国神社、別表神社
 祭神:護国の英霊約7万3千柱
 創建:明治元年(1868年)  
 所在地:京都府京都市東山区清閑寺霊山町1
 京都霊山護國神社HP: http://www.gokoku.or.jp/

 京都霊山護国神社はWikiさんによると、慶応4年(1868年)明治天皇から維新を目前にして倒れた志士達の御霊を奉祀するために、京都・東山の霊山の佳域社を創建せよとの詔・御沙汰が発せられ、それに感激した京都の公家や山口・高知・福井・鳥取・熊本などの諸藩が相計らい京都の霊山の山頂にそれぞれの祠宇を建立したのがはじまりだそうで、当初は霊山官祭招魂社と称していたらしい。そして昭和11年(1936年)日中戦争をきっかけとして国難に殉じた京都府出身者の英霊を手厚く祀ろうという運動がおき、境内を拡大して新たに社殿を造営、昭和14年(1939年)内務大臣布告により現在の社号である京都霊山護国神社と改称されたという。 
 坂本龍馬木戸孝允高杉晋作久坂玄瑞中岡慎太郎宮部鼎蔵ら幕末勤王の志士1,356柱に、明治以降の日清、日露、太平洋戦争などの戦死者を合わせ、約73,000柱が祭神として祀られているそうな。 e0342766_16463827.jpg 
 
 神社までは坂道を上っていくのだが、この坂を “維新の道” という。維新の道を歩いていると、左手に何やらデカい観音像が!この巨大観音は霊山観音(りょうぜんかんのん)といわれるらしい。高さ24メートル、総重量500トンって…。
 霊山観音は第二次世界大戦の戦没者および戦争の犠牲者を追悼するために、民間の方が建てられたというからビックリ!

 さて、護国神社に到着してまずは参拝。それから社務所に伺うと、バイトらしきお兄さんがいらっしゃるだけだった。書置きの御朱印をいただき、ついでに幕末志士おみくじを100円払って引いてみた。久坂玄瑞さんで “吉”。
 霊山墓地には多くの幕末維新の志士達が祀られており、興味はあったのだが墓地には行かなかった。また境内には、明治維新関係の資料が展示してある「霊山歴史館」もあったのだが、そちらも今回は寄らずに帰った。
 護国神社でいただいたパンフレットが「新選組と近藤勇に討たれた志士たち」というもので、元治元年(1864年)6月5日に起こった池田屋騒動の犠牲者について書かれてあった。
 佐幕派も勤王派も己の信じる道を進んだだけで、どちらも正しかったと思う。個人的には佐幕派側に共感を覚えるものの、これは判官贔屓というものであろう。若くして命を散らした幾多の志士達の熱い思いを決して無駄にすることなきよう、私も自分なりに真直ぐ生きていかねば――。
e0342766_21541299.jpg
e0342766_21542596.jpg

 No.98 京都霊山護國神社 「京都霊山護國神社」 2016-02-27(Sat)

[PR]
by yan-puchi | 2016-06-17 18:44 | 京都府・神社 | Comments(0)
e0342766_19445600.jpg
 豊国神社  別格官幣社、別表神社
 祭神:豊臣秀吉
 創建:慶長4年(1599年)  
 所在地:京都府京都市東山区大和大路正面茶屋町530 
 京都の街をふらふら歩いていると何やら塀があったので、塀に沿って進んでみると、修学旅行生と思しき男の子達が大きな鐘に群がっていた。多少気になったものの、男子生徒達はそこから離れる気配がなかったので、横目でちらりと見遣って隣にある神社へ向かった。
 後で知ったのだがこのお寺は方広寺といい、男子生徒達が群がっていた鐘は方広寺鐘銘事件で有名な、あの梵鐘であった。豊臣家が再建していた大仏殿の梵鐘の銘文が徳川家康の家と康を分断して豊臣を君主とし(「国家安康」「君臣豊楽」の句)、家康及び徳川家を冒瀆するものだとかで大坂の陣による豊臣家滅亡を招いたとされる梵鐘だ。嗚呼、男の子達に混ざってじっくり見ればよかった…(T T)

 でもって隣の神社というのが、その豊臣秀吉を祀る豊国神社であった。秀吉逝去の翌年である慶長4年(1599年)、秀吉を「豊国大明神」として祀る神社として創建されたが、大坂夏の陣で豊臣家が滅亡した後は徳川幕府の命により廃祀。以後250年間放置されていたが、明治元年(1868年)に明治天皇の命により再興されたそうな。
 国宝である豪華絢爛な唐門は元々伏見城の城門だったそうで、伏見城廃城後に二条城へと移され、その後南禅寺の金地院へ、そして最後に豊国神社へと移されたのだとか。西本願寺、大徳寺の唐門と合わせて「国宝の三唐門」と呼ばれているらしい。
 さて、なかなか味のある御朱印だが、この銘は豊国神社に伝わる秀吉の関白印の銘だそうで、印は中央に関白とあり、周囲に「壽比南山・福如東海」とあるそうな。南山は唐の都・長安の南にあった終南山のことで、天の中心にある太一星の精霊が住むという霊験あらたかな山であり、東海は仙人が住むといわれる蓬莱山のある場所だということで、「寿命も福も共に仙人と同じように永く多かれ」ということなのだとか。
e0342766_13490260.jpg

 No.88 豊国神社 「壽比南山 関白 福如東海」 2016-02-26(Fri)
[PR]
by yan-puchi | 2016-03-29 22:30 | 京都府・神社 | Comments(0)
e0342766_13330089.jpg
 新日吉神宮  旧府社
 祭神:後白河天皇、新日吉七柱(大山咋命、大己貴命 他)
 創建:永暦元年(1160年)  
 所在地:京都府京都市東山区妙法院前側町451-1
 新日吉神宮HP: http://www.imahie.com/

 智積院を出ると奥の方に何やら立派そうな神社があったので寄ってみた。新日吉神宮(いまひえじんぐう)という神社であった。よ、読めない…。
 後白河上皇が院の御所を法住寺に定めた際、皇居の守護神として比叡山東坂本の日吉大社を勧請し、永暦元年(1160年)京都・東山の麓に「新しい日吉神社(新日吉神宮)」を創建したらしい。その後社地を転々とし、現在の社地となったのは豊国廟が再興された明治30年(1897年) になってからのことだそうな。昭和33年(1958年)に後白河天皇を合祀し、翌昭和34年(1959年)天皇奉祀神社として神宮号を公許されたのだとか。
 京都の寺社の歴史には必ずといっていいほど有名人(というか、誰もが知る歴史上の人物)が絡んでいるから、訪れるだけでも感動してしまう。そこが京都の魅力なんだろうね。地方にも由緒ある寺社は数多くあるが、歴史的魅力にはどうしても欠けている。おらが町・岡山にも立派な寺社はあるけれど、その多くが報恩大師という方の創建らしい(備前48ヶ寺開基とされる)。報恩大師って誰!?
 あいにく宮司さんが不在だったので、書置きの御朱印に日付を書き入れていただいた。
e0342766_13324350.jpg
e0342766_04245207.jpg

 No.86 新日吉神宮 「新日吉神宮」 2016-02-26(Fri)

[PR]
by yan-puchi | 2016-03-27 04:31 | 京都府・神社 | Comments(0)